「感情」は最強の武器である―「情動的知能」という生存戦略

「感情」は最強の武器である―「情動的知能」という生存戦略

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「直観力」「やる気」「リスク評価」……感情や情動は生命の進化がもたらした究極の能力だ!最先端の「感情神経科学」が明らかにした、感情や情動の驚くべき世界。今、「感情神経科学」は大革命のさなかにある。そして、かつては「的確な判断の邪魔をするもの」とされてきた感情や情動は、進化がもたらした生存のための最強の能力であることが明らかとなっているのだ。自分の情動状態を知り、感情を手なずけ、活用するための、最先端科学の知見が満載の書。★本書で得られる知見★・感情や情動は、進化がもたした生存のための卓越した能力である・人は情動がなければ何も行動を起こせない・あなたの意思決定は、ポジティブな状態か、ネガティブな状態かという 「コア・アフェクト」に大きく影響される・やる気も鉄の意志も情動によってもたらされるが、 それらは睡眠不足や加齢によって衰えてしまう。・喜びやポジティブな情動は人を創造的にし、リスクを取るように促す。・悲しい気持ちのときは、より現実的で正確な判断を下せる。・空腹感は(食べ物に限らず)ものを手に入れることを促し、 嫌悪感はものを手放すことを促す。・「欲しい(欲求)」と「好き(嗜好)」は脳の別の回路によるものである  (「好きではないのに欲しい」という衝動も生じうる)。・情動は伝染する。幸せな人に囲まれていると幸せになれる。・社会的な成功を収めている人は、他人の感情を理解したり、 自分の情動をコントロールできるなど情動的知能が高い。・自分の情動プロファイルを知れば、感情を手なずけていつでも役立たせられる……「情動状態のダイナミクスを意識することは、人生の成功に欠かせない要素の一つである。やる気を出したり、衝動を抑えて気分を整えたり、他人に適切に対応したり上で役に立つのだ」(「第2章 情動の目的」より)

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

東洋経済新報社のおすすめ本

医学・薬学のおすすめ本