台湾の歴史

台湾の歴史

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

経済発展と民主化を達成し、ますます存在感を高めている「台湾」は、どんな歴史を歩み、どこへ向かうのか。2024年1月の総統選挙を控えて、その歴史と現在を知る文庫版。その歴史は「海のアジア」と「陸のアジア」がせめぎ合う「気圧の谷間」が、台湾という場所を行ったり来たりした歴史だった。その動きから生じる政治・経済の国際的な激動の中で、多様な人々が織りなしてきた「複雑で濃密な歴史」を見つめることなしに、現在の台湾を理解することはできない。はるか以前から、さまざまな原住民族(先住民族)が生きていた台湾島が、決定的な転機を迎えたのは17世紀のことだった。オランダ東インド会社が初めて「国家」といえる統治機構をこの島に持ち込んだのである。短いオランダ統治の後、明朝の遺臣・鄭成功ら漢族軍人の時代を経て、清朝による統治は200年に及ぶが、1895年、日清戦争に勝利した日本の植民地支配が始まる。そして1945年に始まった中華民国による統治は、当時の民衆に「犬が去って、豚が来た」と言われるものだった。その中で、本省人・外省人の区別を超えて「台湾人」のアイデンティが育まれ、1990年、直接選挙による第1回総統選で「初の台湾人総統」李登輝が登場する。『台湾――変容し躊躇するアイデンティティ』(2001年、ちくま新書)を、大幅増補して改題し、文庫化。目次はじめに――芝山巖の光景第一章 「海のアジア」と「陸のアジア」を往還する島――東アジア史の「気圧の谷」と台湾第二章 「海のアジア」への再編入――清末開港と日本の植民地統治第三章 「中華民国」がやって来た――二・二八事件と中国内戦第四章 「中華民国」の台湾定着――東西冷戦下の安定と発展第五章 「変に処して驚かず」――「中華民国」の対外危機と台湾社会の自己主張第六章 李登輝の登場と「憲政改革」第七章 台湾ナショナリズムとエスノポリティクス第八章 中華人民共和国と台湾――結びつく経済、離れる心?第九章 「中華民国第二共和制」の出発結び補説1 総統選挙が刻む台湾の四半世紀――なおも変容し躊躇するアイデンティティ補説2 「台湾は何処にあるか」と「台湾は何であるか」学術文庫版あとがき参考文献 台湾史略年表索引

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

講談社のおすすめ本

歴史・地理・民俗のおすすめ本