篠笛 上達レッスン 技術と表現力を磨く50のポイント 新版

篠笛 上達レッスン 技術と表現力を磨く50のポイント 新版

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。★ 「もっと美しく笛の音を奏でたい」そんな思いを叶えるための実践的なコツをわかりやすく紹介します。★ 発音の肝となる「音のツボ」を理解する。★ 音色を変える基本技術のレベルアップ★ 腹式呼吸、笛の構え方、口の中のひろがり…★ 演奏会で力を発揮するための秘訣…など。◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆この本は、篠笛がさらに上達できるよう、技術や表現力のアップに関するとっておきのポイントを50個紹介しています。いずれも、プロの篠笛奏者として多くの舞台に立ちながら体験したことや、いろいろな篠笛愛好家の方たちにレッスンしてきた中でわかったことなど、現場で得られた実践的な情報ばかりです。中級者はもちろんのこと、上級者にも役立つ考え方やテクニックを余すことなく紹介していますので、ぜひ読んだ内容を実際の演奏に役立ててみてくださいね。もちろん、もう少しで初級者は卒業というレベルの人にもわかるよう、難しい技術や言葉のニュアンスはできる限りかみ砕いて説明するように気を配りました。この本をきっかけに、皆さんがもっと楽しく、もっと自由に篠笛とつきあっていけることを願ってやみません。佐藤 和哉◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆☆ 基本編上達するには基本の理解が不可欠! * ポイント1篠笛をくわしく知れば、もっとうまくなる! ~楽器編~* ポイント2篠笛をもっと知れば、もっとうまくなる! ~歴史・文化編~* ポイント3ストレッチで自由に演奏するための体をつくる・・・など全12項目☆ 練習編知識をもとに正しく練習しよう* ポイント13「いい音」とは、息のノイズの少ない音ではない! * ポイント14体の力みをとって、楽に吹けるようにしよう* ポイント15自分が自由に演奏できると思う笛が「いい笛」・・・など全14項目☆ 上達編現状を正しく知り、改善するのが上達の決め手* ポイント27少し吹けるようになったあたりで上達の分かれ道が訪れる! * ポイント28音のピッチがどう変わるのか理屈を理解すると音程がよくなる* ポイント29音に感情を込める時は「笛との会話」が大事・・・など全18項目☆ 本番編我欲を捨て、人のために吹けばいい演奏になる! * ポイント45何度も練習して、暗譜で吹けるくらいで本番に臨もう* ポイント46野外で演奏するときは、風の影響を最小限に抑える* ポイント47本番にミスはつきもの! できる限り防ぎつつ、覚悟を決める! ・・・など全6項目※ 本書は2019年発行の『篠笛 上達レッスン 技術と表現力を磨く50のポイント』を「新版」として発売するにあたり、内容を確認し一部必要な修正を行ったものです。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

メイツ出版のおすすめ本

エンタメ・芸能のおすすめ本