ブルーフィルムの哲学 「見てはいけない映画」を見る

ブルーフィルムの哲学 「見てはいけない映画」を見る

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

それは「現れるに値するもの」だ「ブルーフィルム」と言われてピンとくる人はどれだけいるだろうか? 本書は気鋭の現象学者がまさに今失われつつある「違法のポルノ映画」の世界を読者の前に甦らせ、この社会で疑われることのないビジョンを動揺させる。過去のブルーフィルム研究も総括した、瞠目の哲学書!*電子書籍版には一部収録していない資料写真がございます。あらかじめご了承ください。【内容】はじめに 禁じられた映画を見る山田五十鈴序章 経験を通じて思考すること ――「土佐のクロサワ」と現象学第1章 ブルーフィルムとは何かと問いながら第2章 ブルーフィルムを見るとはどのようなことか第3章 ブルーフィルムは何ゆえに美しいのか第4章 ブルーフィルムを前にして何をすべきか第5章 ブルーフィルムはどのような(不)自由をもたらすのか第6章 ブルーフィルムとともに生きるとはどのようなことか終章 現れるに値するもの

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

NHK出版のおすすめ本

エンタメ・芸能のおすすめ本