世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由

世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

米国経済はリーマンショックの清算を終えて、いよいよ本格的な好景気に入っていこうとしています。今後、長期的にみても、米国は世界最強の経済力を有することになるのに加えて、ドル高・円安が進むとなれば、米国株に投資するのが最もよいというのは明らかです。とくに、これから資産を築いていく若い人たちに対して、本書は米国株への投資を勧めています。それでは、具体的に米国株投資で成功したい人はどうすればいいのか?そのサワリの一部をご紹介すると、1、外貨建て資産のポートフォリオとして、円に替えることなく長期で運用する。2、米国ゼロクーポン国債との組み合わせで米国株式に投資する。3、自分が働きたい会社、子供や孫に働かせたい会社に投資する。もちろん米国株式への投資にはリスクがつきものですが、上記3点に配慮したリスクコントロールを行えば、まず大きな失敗に終わることはないはずです。【主な内容】プロローグ 風向きは変わった!円安のいまこそ資産形成をはじめよう第1章 スターバックスは日本株ではなく米国株に注目!第2章 松本大流「投資の作法」第3章 自分年金の「ポートフォリオ」はこうつくろう第4章 米国株に投資する際の参考ポートフォリオとアセットクラス第5章 米国株投資にあたっての基礎知識第6章 はじめての米国株投資第7章 米国株投資お役立ちツール第8章 米国株投資の税金とNISA

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

東洋経済新報社のおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本