73歳、ひとり楽しむ山歩き

73歳、ひとり楽しむ山歩き

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

登頂しなくても、ひとりでも、何歳でもいい。俳優業や介護で中断しながら30年間山を歩き続けて見つけたのは「山の中で見るものはすべてが美しい」ことだった。自然に入り、自分を見つめなおす喜びを綴るエッセイ。【目次】CHAPTER 1 山で出会った道69歳、大自然の中を貫く世界一美しい散歩道、ミルフォードトラック40歳のはじめの一歩白く美しい燕岳自分らしくなれる場所私たちの道標のような人CHAPTER 2 山は文化だった「山と溪谷」と私歩くことで紡がれた物語室堂山ですれ違っただけの人幻のジャンダルムデートCHAPTER 3「自分の山をやりなさい」『山なんて嫌いだった』エベレスト街道の21日間帰国した薄汚い女ヒマラヤの山頂に立つ念願の「自分の山」をやれた夏CHAPTER 4 登れなくても自然があったやりたい山に出会った矢先母「絶対に南極へ行く」小さな自然が元気にしてくれる自然に親しむトレイル・カルチャー加藤則芳さんが遺した道CHAPTER 5 自分のために道を歩く自分でシナリオを書きながら登っている還暦から歌手になる田部井さんとの最後の山歩かれなくなった道は消える足裏で聞く枯葉の音

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

KADOKAWAのおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本