詩羽(水曜日のカンパネラ)フォトエッセイ『POEM』

詩羽(水曜日のカンパネラ)フォトエッセイ『POEM』

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「死んでやろうと思った。いいことなんて一つもない、しあわせなことなんて何もない、誰も私を愛していない、生きている必要なんてなんにもない“この世のクソ”」水曜日のカンパネラ 2代目ボーカリスト・詩羽が重くて深い愛を込めて綴る、衝撃の自叙伝2022年リリースの「エジソン」がSNSで話題となり、MVがYouTubeで5700万回再生を突破。翌2023年には日本に加え、北京、上海、広州、台北を回る8都市のアジアツアーを成功させ、来る2024年3月16日、現体制になって初の武道館公演を開催する――。今、飛ぶ鳥を落とす勢いのアーティスト、「水曜日のカンパネラ」2代目ボーカリスト・詩羽(うたは)がこの記念すべきタイミングで世に送り出すのは、今まで誰にも語ってこなかった、重く、しかし鮮やかな記憶を綴った自叙伝だ。詩羽はなぜ、「愛」を大切にするのか。なぜ、口にピアスが開いているのか。今につながる人生の一片を、詩羽自身が、自分の言葉で書き下ろす。文章に彩りを添えるのは、台湾や日本各地で撮り下ろした、美麗な写真の数々。横山マサト、仲川晋平、野口花梨という、詩羽が信頼を寄せる3名の写真家たちが三者三様の「詩羽」を切り出していく。文字と写真がクロスする、不思議な世界観――。過去、現在、そして未来と変化を遂げる彼女の、底知れないエネルギーに魅せられる一冊。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

宝島社のおすすめ本

エンタメ・芸能のおすすめ本