ゴキブリ研究はじめました

ゴキブリ研究はじめました

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

■知ると、「嫌い」はふっとんだ。ゴキブリ数万匹を飼育研究し、つぎつぎに新種ゴキブリを発見する「ゴキブリスト」の奮闘記。図鑑のゴキブリが載ったページをセロハンテープで閉じてしまうほど大嫌いだったのに、なぜゴキブリ研究を始めたのか?そのきっかけには、知られざるゴキブリの姿、いわゆる“G”的なイメージとはかけ離れた、バリエーション豊かな形態・生態がありました。■見つけるだけでは「新種」にはならない「新種の生き物を見つけて捕まえる」だけでは、新種は新種として世に出ることができません。多数の標本を集め、解剖で交尾器を取り出したり、DNAを調べたりして、他の種類とどこが違うのか検討し、論文を書く必要があります。柳澤さんの場合、最初の発見から論文の出版まではおよそ2年半を費やしました。生き物が好きで、「いつか新種を発見してみたい」「名づけてみたい」と夢見る若い読者にも、本書は参考になるはずです。■ゴキブリも、生態系の大事な一員「ゴキブリなんて、絶滅すればいい!」こんなふうに思ったことのある人もいるかもしれません。でも、雑食でさまざまなものを食べるゴキブリは、朽ち木や落ち葉などを食べる「分解者」として活躍しています。「害虫」だけではない、彼らのステキな一面に迫りましょう。【目次】第1章 ゴキブリはなぜ嫌われるのか第2章 ゴキブリを知る第3章 ゴキブリ嫌い、ゴキブリの道へ第4章 ゴキブリ飼育はトライ・アンド・エラー第5章 いざ、ゴキブリ展第6章 ゴキブリ研究はじめました第7章 ゴキブリは、嫌われてるからおもしろい番外編 第4のルリゴキブリ付録 まだまだいるぞ! 世界のゴキブリ

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

イースト・プレスのおすすめ本

科学・テクノロジーのおすすめ本