高橋幸宏、音楽家の肖像

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。2023年1⽉に逝去した、⾼橋幸宏⽒の偉業を後世に伝えるための書。音楽制作の月刊誌『サウンド&レコーディング・マガジン』に掲載された幸宏氏の記事の数々をはじめ、新規コンテンツとして、音楽テクニカルライター・布施雄一郎氏の筆による「高橋幸宏ヒストリー」、4枚のアルバムを選出し制作に携わった方に語っていただく「名盤制作エピソード」、往年の貴重な写真を掲載する「フォト・アルバム」などを収録する。【CONTENTS】<新規>・タイムラインで辿る、高橋幸宏の「軌跡」と「軌跡」 by 布施雄一郎・名盤制作エピソード 高橋幸宏『WILD&MOODY』(1984年) 高橋幸宏『Fate Of Gold』(1995年) 高橋幸宏『Page By Page』(2006年) サディスティック・ミカ・バンド『黒船』(1974年)・フォト・アルバム・ディスコグラフィ<再掲>1982~2016年の『サウンド&レコーディング・マガジン』に掲載された計100ページに迫る本人インタビュー/ライブ・レポートSolo Works1983年3月号 ソロ活動について1986年9月号 『ONLY WHEN I LAUGH』1990年5月号 『BROADCAST FROM HEAVEN』1992年4月号 『LIFE TIME, HAPPY TIME』1995年1月号 コンシピオ・スタジオ1997年11月号 『A Sign Of Ghost』2001年8月号 『A Dog Smiled』2006年5月号 『BLUE MOON BLUE』2006年7月号 Apple Store, Ginza + Sound & Recording Magazine workshop2013年8月号 『LIFE ANEW』2014年9月号 『TECHNO RECITAL』『PHASE』THE BEATNIKS1982年2月号 『EXITENTIALISM/出口主義』2011年11月号 『LAST TRAIN TO EXITOWN』2018年7月号 『EXITENTIALIST A XIE XIE』SKETCH SHOW2002年10月号 『AUDIO SPONGE』2003年4月号 『トロニカ』2004年1月号 『ループホール』METAFIVE2016年12月号 『METAHALF』Live Reports 1989年8月号 サディスティック・ミカ・バンド2003年2月号 SKETCH SHOW2009年2月号 pupaTribute2023年4月号 高橋幸宏、音楽家の肖像

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

リットーミュージックのおすすめ本

エンタメ・芸能のおすすめ本