トークの教室 「面白いトーク」はどのように生まれるのか

トークの教室 「面白いトーク」はどのように生まれるのか

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

フリートーク、エピソードトーク、掴みに切り口、語り口……数多の才能を見出し、「オードリーのオールナイトニッポン」等でトークの壁打ち役を務める放送作家が、ついにその術を皆伝!!オードリー 若林正恭さん推薦!!「この教室の授業のせいで、痛い目にあった時に 「儲けた〜」と思ってしまう身体になりました。」フリートーク、エピソードトーク、掴みに切り口、語り口……本書は、数多の新人アイドル、芸人に寄り添い、巧みなアドバイスで彼らのトーク力に磨きをかけてきたメンター、放送作家・藤井青銅氏がそのトーク術についてまとめた一冊です。「トークの途中がおもしろければ、オチは無くてもいい」「誰かに聞いてもらうことで、話し方のコツを見つけた人は伸びる」「〈心の動き〉を切り口にすれば、トークの題材には困らない」「キャラを作ったり、背伸びしたり、パブリックイメージになんて、合わせなくていい」…etc.若林正恭さん、山里亮太さんを描いたドラマ『だが、情熱はある』(日本テレビ系)へ本人役での出演も記憶に新しいところですが、YouTubeチャンネル「オードリー若林の東京ドームへの道」では、第一回ゲストとして若林さんと“二人っきりサシ対談”。番組を観た視聴者からの「⻘銅さんのトーク本があったら、絶対に読みたい!」という多くのリクエストに応え、本書の執筆がスタートしました。「あの人は、どうしていつも面白いネタを持っているのか?」「つい聞き入ってしまうトークには、どんな秘密があるのか?」“面白いトーク”とは何か?を突き詰め、話し手のボールを真摯に受け取り、返す、その運動を40年以上も続けるなかで導き出したトーク術を整理し、アップデートさせながら執筆された本書で、自分に合ったトークの正解が、きっと見つかるはずです。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

河出書房新社のおすすめ本

自己啓発のおすすめ本