闘魂と王道 - 昭和プロレスの16年戦争 -

闘魂と王道 - 昭和プロレスの16年戦争 -

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

権威を破壊したアントニオ猪木と、権威を追求したジャイアント馬場。新日本プロレスと全日本プロレスの存亡をかけた1792~1988年の“リアルファイト”を再検証!「俺のライバルは馬場さんじゃない。プロレスに対する世間の偏見だった」(アントニオ猪木/本書独占インタビューより)「2022年、アントニオ猪木が設立した新日本プロレスと、ジャイアント馬場が設立した全日本プロレスが50周年を迎えた。今も多くのファンの心を熱くする70~80年代の“昭和のプロレス”とは、すなわち猪木・新日本と馬場・全日本の存亡をかけた闘い絵巻だった。本書は両団体が旗揚げした1972年から、昭和の終わりであり、プロレスのゴールデンタイム放送の終わりでもある1988年までに起きた出来事や名勝負を592ページにわたって網羅。その魅力を追求する叙事詩となっている」(著者より)【本書の内容】“燃える闘魂”アントニオ猪木スペシャルインタビュー1972 猪木の日プロ追放が引き金となった新日本と全日本の旗揚げ1973 新日本プロレスの苦しい船出 猪木が頼った“神様”ゴッチの真実1974 小林の挑戦状に秘められた猪木の思惑 猪木vs小林、昭和の巌流島の決闘1975 策士・馬場の静かなる“猪木潰し” 空前の「世界オープン選手権」開催1976 プロレス八百長論との真剣勝負 アントニオ猪木vsモハメド・アリ1977 世界オープンタッグ選手権開催 テリー・ファンク人気が大爆発1978 地獄の欧州ツアーに帯同した藤原が語る“シュツットガルトの惨劇”の真実1979 “過激な仕掛け人”新間寿が語る「プロレス夢のオールスター戦」舞台裏1980 新日本ブームに対抗する切り札 馬場が3度目のNWA世界王座奪取1981 新日本が全日本に完敗を喫した仁義なき選手引き抜き合戦1982 新日ファンに多大なショックを与えた馬場vsハンセンの年間最高試合1983 “打倒・馬場”の総決算になるはずだったIWGPをなぜ猪木は自ら破壊したのか?1984 第2回IWGP蔵前大暴動勃発 長州離脱で新日本ブームは終わった1985 馬場・全日本の大攻勢 ゴールデン復帰はなぜ失敗したのか?1986 猪木は前田にかつての自分を見た。新日本vsUWF近親憎悪の闘い1987 『最強タッグ』で実現した最初で最後の超獣コンビ対決1988 昭和のプロレスの“最終回”だった8・8藤波vs猪木の60分フルタイム昭和の全日本プロレスの“流儀”テリー・ファンク&天龍源一郎スペシャル対談 etc…

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート