英文法の落とし穴ーー日本人が苦手な100項目でマスターする!

英文法の落とし穴ーー日本人が苦手な100項目でマスターする!

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。英語を使ったコミュニケーションで、正確に伝えるため・相手から信頼感を与えるために重要なことの1つは、文法のミスを無くすことです!正しい英文法は、英語でのコミュニケーションの幅を広げてくれます。本書は、日本人の間違いを知り尽くしたネイティブがまとめた、「100の落とし穴」で効率的に英文法の学習を行う1冊です。私たちが英語を書くとき・話すとき、「これでいいんだっけ?」と思ったり、ネイティブから「間違っているんだけどなあ」と思われるポイントが、的確にまとめられています。分厚い文法書では探すのに苦労する、入門の文法書ではカバーしきれない内容が盛りだくさんなので、英文法の総仕上げにうってつけです。【本書の特徴】● ネイティブ校正者が凝縮した日本人が苦手な英文法100項目● 文法用語にとらわれない解説● 豊富な練習問題300問つき● 日本人の混乱度ごとにレベル分けされた項目【落とし穴の例】Unit 1-3:There is/are構文の落とし穴! There is/are the ~は基本NG、でも…Unit 4-8:almostは「ほとんど」とだけ覚えていると誤用が頻発!? 正しい使い方をチェック!Unit 7-1:everydayとevery day、sometimeとsome time… 1語か2語か、意味の違いを見極めて!※この商品は、固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また文字列のハイライトや、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

アルクのおすすめ本

言語・語学・辞典のおすすめ本