建築家のアタマのなか

建築家のアタマのなか

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

建築は楽しい!日本を代表する2つの建築賞「日本建築学会賞」「JIA日本建築大賞」を受賞した小堀哲夫が建築の世界とその魅力について語る------------------------------------------------------建築家にとって、最も大切な能力とはなんだろう?人をあっと驚かせるような発想力?それとも、デザイン力?確かにそれらの能力はあるに越したことはないけれど、もっと大切なのは「目の前の世界に気づき、身体全体で感じる力」だ、と著者はいいます。特別な場所へ行って特別な体験をすることが重要なのではなく、何気ない暮らしの中で触れるものからいかにヒントを感じ取り、拾い上げるか、それがすべての発想のもとになるのです。そして、その発想を自分の好きなところから広げていくことで、デザインが生まれ、作品につながっていく——そこに、著者の考える建築の面白さ、楽しさがあります。本書は、国内外で数々の受賞歴を誇り、現代を代表するトップクラスの建築家である著者が、自らの幼少期から現在にいたるまでのさまざまな経験をもとに、建築の楽しさを伝えるために記したものです。建築・ものづくり・美術・デザイン・インテリアなどに興味をもつ若い世代へ向けて、世界の最先端を走る建築家は何を考えているのか、その“アタマのなか”を明らかにする一冊です。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

幻冬舎メディアコンサルティングのおすすめ本

科学・テクノロジーのおすすめ本