エンジニアが学ぶ金融システムの「知識」と「技術」 第2版

エンジニアが学ぶ金融システムの「知識」と「技術」 第2版

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

金融に大きな変革の波が押し寄せている!第2版では、DX、AI活用、DeFiなど、最先端の技術が充実金融システムは法規制等を受けて年々複雑化するとともに、ブラックボックス化しています。そのため、初めて金融業界を担当することになったエンジニアは、しばしば戸惑います。また、すでに金融関連システムに携わっているもののビジネスの全体像をとらえきれず、お困りの方も多いでしょう。近年は、ブロックチェーンや機械学習などの新しい技術も金融システムに導入されており、最新技術も押さえておく必要があります。●進化し続ける金融システム第2版では、最先端の動向を多く加筆しています。DX、AI活用、少額決済、DeFi、Embedded Finance、Transformer、パーソナライズレコメンド、ローコード/ノーコード、メタバースなど、これからの時代に求められる知識が身につきます。【読者対象】・金融システムを構築するエンジニア・金融機関の改善提案を行うコンサルタント・金融機関のビジネスモデル検討やシステム導入、業務改善担当者など※エンジニアでなくとも、金融に携わる方全員にお読みいただけます。【本書のポイント】●金融システム構築のために必要な「システム化」と「金融知識」のポイントがわかる●金融に関する幅広い知識を体系的に学ぶことができる●「銀行」「保険」「証券」「クレジットカード会社」などの業務内容やシステムの特徴、構築のためのポイントを紹介●ブロックチェーンやデータサイエンスなど、金融システムに携わるエンジニアなら知っておきたい最先端の金融ITがわかる【本書の構成】第1章 金融ビジネス、金融ITの変遷と現状第2章 金融業界のシステム第3章 金融ビジネスを支えるデータサイエンス手法第4章 データサイエンスによって実現される金融ビジネス第5章 デジタル資産とブロックチェーン第6章 金融業界におけるサイバーセキュリティ第7章 その他の注目すべき技術と金融ビジネス※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

翔泳社のおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本