世界と日本がつながる 感染症の文明史 人類は何を学んだのか

世界と日本がつながる 感染症の文明史 人類は何を学んだのか

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

私たち人類は「理性」をフル活用して、「国家」を作り出し、そして宇宙と生命の神秘を解き明かそうとしています。その一方で、いくら超越的な存在になったとしても、生物としての基本的な行動パターンは変わっていません。そのため、地球に誕生してから今日まで、細菌やウイルスが引き起こす感染症にたびたび冒されてきたのです。古代・アテネの疫病に始まり、東ローマ帝国を襲った「ユスティニアヌスの疫病」、同時期に中国で起こった「晋の疫病」、奈良・平安期の日本で広まった疫病。そして、ハンセン病、黒死病(ペスト)、天然痘、結核、コレラ、インフルエンザ――。こうした感染症のパンデミックに対して、人類はいつも理性を持って戦い、封じ込めようとしながらも挫折を繰り返し、そして共生・共存してきました。新型コロナウイルスが流行しはじめてから3年、私たちはようやく日常の生活を取り戻しています。そんないまだからこそ、過去の人類の歴史を振り返ってみることが私たちには必要です。さまざまな振興のウイルスに冒される21世紀は「感染症の時代」と言われています。本書で得た学びは、次なるウイルスの脅威が世界を襲ったとき、必ず我々日本人の指針になるはずです。古今東西の世界史と日本史を知り尽くした著者だから描けた、誰も読んだことのないまったく新しい「感染症の文明史」。渾身の大作が満を持して登場!

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

KADOKAWAのおすすめ本

自己啓発のおすすめ本