こころをそのまま感じられたら

こころをそのまま感じられたら

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

つらい心がなんとなく楽になって、少しでもほぐれますように。人の話を聞くのは簡単ではないけれど、安心して話せる場所になりますように。そんなことを考えながらの日々を、注目の精神科医が綴ったエッセイ集。* * *「こころ」を「そのまま感じる」とはどういうことなのでしょうか。これは僕の中では、以前から自分が大切だと考えている、分かった気にならない、ということにつながっているようです。分かる、は、感じる、と違います。分かるというのは、腑に落ちるのを目指すことだと思います。曖昧さがあまり残らない印象です。感じる、は腑に落ちない部分や曖昧さがあったとしても、そういうものとして眺める、受けとめるという感じでしょうか。(本書より)* * *【目次】1章 居心地のいい場所・鉄道趣味 ・くじけないということ ・居心地のいい場所・ナースのAさん ・加齢ということ ・「嫌です」 ・正月の当直 2章 曖昧なものを体感する・曖昧なものを体感する ・ラッキーさん ・杜氏と菌とオペラ ・自分にむいていること ・『ゴールドベルク変奏曲』・自分ごとのように考える・対等であること ・バンドと酒づくり ・何者かになりたい 3章 静かな分岐点・カンニングをしたこと・静かな分岐点・対話にまつわる諦めや希望・はなれている ~はなれているから考えたこと・瞑想とバナナとオレンジ・安全・安心があってこそ・こころをそのまま感じられたら ~「おわりに」にかえて

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

講談社のおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本