海のように深く、大地のように温かい

海のように深く、大地のように温かい

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

しがらみを断ち切った先に見えてくる、本当の家族の絆とは。昭和35年。とある商店街の魚屋・磯吉商店を舞台に、3世代にわたる愛憎を描いた物語。商店街の魚屋・磯吉商店を切り盛りするキヨ。中学を卒業後、キヨの下で働いてきたハル。そして、ハルとともに家業を助けてきたキヨの長女トモ。3人の関係は、長男のシンが帰郷して商店で働き始めたことで、少しずつ歪んでいく。ハルとトモを頼りにしながら、キヨは自分の息子が店を継ぐという考えを捨てられなかった。店の将来を第一に考えて行動するハルは、次第にキヨから疎まれるようになり、一家の中で孤立を深めていく。事態を変えたのは、大人しかったトモの大胆な決断だった。人情経営の愛憎渦巻く舞台裏を描いた家族小説。【著者プロフィール】天馬 ときわ(てんま ときわ)三重県出身。1966年生まれ関西外国語短期大学 英米語学科卒業

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

幻冬舎メディアコンサルティングのおすすめ本

小説一般のおすすめ本