源氏物語 1

源氏物語 1

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

日本文学最大の傑作を、小説としての魅力を余すことなく現代に甦えらせた角田源氏。輝く皇子として誕生した光源氏が、数多くの恋と波瀾に満ちた運命に動かされてゆく。「桐壺」から「末摘花」までを収録。<疾走感ある自然な訳文で、なにより物語の醍醐味が味わえる、現代語訳の決定版!>恋に生き、切なさに、嫉妬に、美しさに涙する――日本文学最大の傑作が、明瞭な完全新訳で甦る、全8巻!【読売文学賞(研究・翻訳賞)受賞作】とりかかる前は、この壮大な物語に、私ごときが触れてもいいのだろうかと思っていた。実際にとりくみはじめて、私ごときが何をしてもまるで動じない強靭な物語だと知った。――角田光代<出版社から>「最後まで初めて読めました!」「角田さんの訳で物語の全体が分かりました」等、小説としての面白さが分かる現代語訳として大好評の角田源氏。【読みやすさの工夫を凝らした角田訳の特徴】●原文に忠実に沿いながらも、読みやすく、感情に引きつけて読める自然な訳文●主語を補い、地の文の敬語をほぼ廃したことで、細部までわかりやすい●現代的で歯切れがよく、生き生きとした会話文●作者や第三者の声(草子地)を魅力的に訳して挿入●和歌や漢詩などの引用はほぼ全文を補って紹介 平安時代中期の11世紀初めに紫式部によって書かれた『源氏物語』は、54帖から成る世界最古の長篇小説。輝く皇子として生まれた光源氏が、女たちとさまざまな恋愛を繰り広げる物語であると同時に、生と死、無常観など、人生や社会の深淵が描かれている。400人以上の登場人物が織りなす物語の面白さ、卓越した構成力、細やかな心情を豊かに綴った筆致と、1000年読み継がれる傑作。 『源氏物語 1』は、若き光源氏の姫君たちとの恋と許されぬ藤壺への思慕を描く。

商品情報

シリーズ

全3冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

河出書房新社のおすすめ本

古典文学・文学史・作家論のおすすめ本