声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ (25)

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ (25)

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

明治後期、人身売買の競りにかけられた少女チヌと姉のサヨリ。チヌは矢津遊郭の「東陽楼」の娼妓となり、大地主・若水公三郎を旦那につけることで二番手娼妓に出世する。ところがある日、過去の想い人である寿子にそっくりな早みどりに出会い、夢中になった公三郎は、身請けのため水面下で暗躍。しかし、早みどりは身請けを拒否し足抜けする。そんな中、早みどりの元夫・利市が公三郎を刺そうとしたのを目撃したチヌは公三郎をかばって重傷をおってしまう。若様の借家で療養した後、見世へ戻ろうとしたチヌだが、若様から結婚の申し出を受け――?※この作品は『ストーリーな女たち』Vol.95~98に収録されています。重複購入にご注意ください。

商品情報

シリーズ

全25冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

ぶんか社のおすすめ本

女性マンガのおすすめ本