偏差値35から東大に合格してわかった 頭がいい人は○○が違う

偏差値35から東大に合格してわかった 頭がいい人は○○が違う

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

頭がいい人と、そうでない人の違いとは?偏差値35だった著者が、東大生に学んだ、頭をよくする、思考と行動、心の習慣。「分解力」「裏技力」など20の力に分け、漫画『ドラゴン桜』を使って、解説します。『東大読書』シリーズの著者、最新作。テレビでも話題! 偏差値35から2浪で東大に合格した経験を生かして、ドラマ日曜劇場「ドラゴン桜」を監修し、タレントの小倉優子さんの大学受験をサポート。東大在学中に起業し、現在は教育事業を手掛ける著者が、長年、考え続けてきた「頭がいい人の条件」を、「分解力」「裏技力」「アップデート力」など、20個の「力」に分けて、明らかにします。「頭がいい人」たちは…・知らないことは、すぐネット検索・あらゆる会話に「なぜ?」がある・ルールを熟読し、ルールの裏を突く・あえてスケジュールは立てない ……など、20の成功習慣を徹底解説。頭のよさとは、先天的な違いというより、習慣の違いが大きいと、著者はいいます。「どうせ私は頭が悪いから」なんていわないで、日々の小さな習慣から変えていきませんか? 明日の自分を今日より賢くしていくことは、誰にでも確実にできるはず。「誰だって、いつからでも、頭をよくできる!」―― そんなメッセージをこめた1冊です。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

日経BPのおすすめ本

自己啓発のおすすめ本