鬼時短―電通で「残業60%減、成果はアップ」を実現した8鉄則

鬼時短―電通で「残業60%減、成果はアップ」を実現した8鉄則

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

◆藤野英人氏(レオス・キャピタルワークス代表)絶賛!◆「全経営者必読!速攻で永遠に効くメソッドだ」◆電通の時短改革「社長特命」から2年間の激闘で学んだすべて◆効率化、働き方改革、生産性向上、新規事業……あらゆる改革に効く1カ月で「10万時間」削減の全手法を初公開!現場が改革に抵抗する「本当の理由」を知ることが、あらゆる改革の第一歩となる――超「具体的・実戦的」な「23のやることリスト」と「58のチェックポイントリスト」つき!◆「社長特命」が下った日――本文より抜粋◆電通の常務執行役員だった山本敏博さん(のちに社長)は、自室で私を座らせるやこう告げました。「労働環境改革を、会社の最優先事項として全力でやる。私自身が責任者となって、指揮をとるつもりだ。小柳、きみも手伝ってほしい。いますぐ出向先の子会社から電通本社に帰任してくれ」やっぱり「あのこと」でした。(中略)目の前にいる山本さんからは、改革に臨む不退転の決意がひしひしと伝わってきました。そんな山本さんに、私はこう答えました。「お声がけありがとうございます。私は、『時短』のための改善ならばお手伝いができます。ただし、1つだけ条件を出させていただけませんか?」◆「時短すらできない会社、カッコ悪い!」◆時短「すら」できない企業は、人材・顧客・資本、そして社会から見放される。「鬼時短」は、あなたとあなたの会社が「選ばれ続ける」ために生まれ変わる第一歩である。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

東洋経済新報社のおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本