野菜は「生」で食べてはいけない

野菜は「生」で食べてはいけない

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

本書は、ノンフィクション作家・奥野修司氏の取材と知見に基づいた「野菜との本当の付き合い方」がわかる本です。健康や美容のため、生野菜をたくさん食べ、野菜ジュースを日課とする人が大勢います。しかし実は、こうした生野菜の摂取は、健康効果の点からはまったくおすすめできません。むしろ、「野菜は生で食べるな」というのが基本。本書は、その理由と、「唯一の解決策」を追った健康ノンフィクションです。野菜は煮込むと、「体を守る力は10倍にも、100倍にも」なります。本書は野菜の抗酸化力を引き出す食べ方である「最強 野菜スープ」の作り方から、農薬不安のない野菜の選び方、探し方までを網羅した健康長寿のための生き方実践書です。プロローグ=抗がん剤の権威から聞いた、がん予防のための「野菜との付き合い方」第1章=野菜は煮込むと、体を守る力は10倍にも100倍にもなる第2章=野菜の力で活性酸素を消去。がん予防には、最強「野菜スープ」を生活習慣にする第3章=最強「野菜スープ」実践編。その作り方と摂り入れ方、入れるべき野菜第4章=活性酸素よりも危険。「脂質ラジカル」を抑える油との付き合い方第5章=野菜を皮ごと使う「丸ごと野菜スープ」と食事の工夫第6章=わが家の「鍋」で、がんを予防し、ウイルス感染を防ぐ第7章=「農薬を食べない」ために私たちができること。本物の「無農薬・有機野菜」の見つけ方

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート