こんなときどうする? どうなる? Q&A 3つのNISA 徹底活用術

こんなときどうする? どうなる? Q&A 3つのNISA 徹底活用術

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

2024年、新NISAがスタート!2023年、ジュニアNISA廃止知らないと損! あなたが知りたい疑問に答えます。投資のもうけにかかる税金がゼロになるNISA(少額投資非課税制度)。株や投資信託を購入する個人投資家は、ぜひ活用を考えたいお得な制度です。NISAはこれから大きな制度改正が予定されており、その内容をしっかり理解することも重要です。本書は、今ある3つのNISA、つみたてNISA、一般NISA(新NISA)、ジュニアNISAについて、制度のキホン、活用から出口まで、制度改正を踏まえて、あらゆる疑問に答えます。<本書で答える疑問の例>Q つみたてNISAで積み立て額を変更することはできますか?Q つみたてNISAはいつ始めたらいいですか?Q いま持っている投資信託をNISA口座に入れたいのですが、どうすればいいでしょうか?Q これから投資を始める場合、一般NISAとつみたてNISA、どちらを利用したらよいでしょうか?Q 一般NISAを利用している人はそのまま新NISAに移行できますか? 改めて口座開設、新規手続きが必要になりますか?Q 新NISAの1階と2階で同じ商品を買うことはできますか?Q つみたてNISAで投資信託の積み立てを始めたいのですが、どのように商品を選べばよいのでしょうか?Q つみたてNISAとiDeCo(個人型確定拠出年金)はどちらを優先したらよいのでしょうか?Q いまからでもジュニアNISAを始めたほうがよいですか?Q つみたてNISAを上限額までめいっぱい活用して積み立てを続けてきました。利益も2割出ていますが、途中で利益確定するのはありでしょうか?Q つみたてNISAで20年積み立てても、最後に暴落して損をすることはないのでしょうか?

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

日経BPのおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本