腐ったリンゴをどうするか?

腐ったリンゴをどうするか?

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

一人で作業したときよりも、集団で作業した時のほうが一人当たりの作業量は低下し、集団の人数が増えるほど手抜きの量も大きくなる――これを「リンゲルマン効果」と呼ぶ。「自分だけ頑張ってもしょうがない…」「誰かがやるからいいだろう…」という気持ちは、誰の心にも存在するが、度が過ぎると手抜きは感染し、そばにある“リンゴ”から次々に広がり、最後には箱全体を腐らせる。われわれの身近にはどんな手抜きがあり、それはなぜ起こるのか? 男と女、どちらが手抜きしやすいか? 日本人と中国人では?どんなときに感染しやすく、どうしたら防げるのか?……「手抜き」にまつわるエトセトラを、手抜き研究の第一人者が読み解く!最良の手抜き対策はどれ?1.罰を与える2.社会的手抜きをしない人物を選考する3.リーダーシップにより仕事の魅力向上を図る4.パフォーマンスのフィードバック5.集団の目標を明示する6.パフォーマンスの評価可能性を高める7.腐ったリンゴの排除/他者の存在を意識させる8.社会的手抜きという現象の知識を与える……答えは本書に。(※本書は2015/6/23に株式会社 三五館より発売された書籍を電子化したものです)

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート