静かなリーダーが心理的安全性をつくる

静かなリーダーが心理的安全性をつくる

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

本書は、チームのパフォーマンスを最大限に発揮するための「心理的安全性」について、実例を交えてわかりやすく解説していく一冊です。▼心理的安全な風土を醸成する・問題は解決しなければならない・新しいことをしなければならない・全員の賛同を得なければならない現在マネージャーやリーダーを務める方で、チームや組織を変えていこうとするときに、”~しなければならない"と考えてしまってはいませんか?筆者はこれらの"~しなければならない"という考え方は、「パラダイム(考え方を支配する認識の枠組み)や、当たり前に囚われている」と言います。これらに縛られてしまうと、新しい発想がしにくくなるだけでなく、行動のスピードが遅くなってしまいます。▼チーム力向上のカギとは?心理的安全性の醸成したチーム力の向上には、(1)お互いを知る機会づくり(2)もやもや・心配事の見える化(3)個人とチームの目指す姿・大切にしたいことを言語化(4)個人とチームの振り返りによる成長支援(5)1on1とコーチングに取り組むことが重要です。これら5つを筆者が実施したところ、所属メンバーの働きがいが32%向上しました(GPTW社員意識度調査)。本書は25年以上にわたり金融系システム開発のチームに所属し、リーダーも務め、現在は「TISインテックグループを最高のチームでいっぱいにする」ことをミッションに据えた品質革新本部で活躍する筆者による「チームの心理的安全性の作り方」を解説!チームだけでなく、自身の強みや軸に気づくための参考になる方法についてもあわせてわかりやすく伝えます。チームマネジメントや組織運営に課題を感じている方々に向けて、「こんな簡単なことに取り組むだけでいいのか!」と気づき、実践につなげられる一冊です。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

クロスメディア・パブリッシング(インプレス)のおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本