大学入試問題集 坂田薫の有機化学ポラリス[2 発展レベル]

大学入試問題集 坂田薫の有機化学ポラリス[2 発展レベル]

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本書では有機化合物と高分子化合物から、とくに狙われやすいテーマを20題厳選し、本番で高得点がとれるように問題演習を行います。この問題集の特長は、以下の通りです。1)目的意識を持って解こう!本書では「なぜこのテーマを学ぶのか」という学習目的を《イントロダクション》で提示しました。この目標がきちんとクリアできるようにくり返し演習すれば、実力が身につきます。2)「坂田流」アプローチを伝授!坂田薫先生が普段の講義で行っている構造決定のやり方を「構造決定フローチャート」として紹介します。問題文にはヒントがたくさん隠れています。そのヒントから「有機化学」で学習した特徴や反応式に翻訳することで問題が解けますが、苦手な受験生はここがうまく処理できていません。そこで、構造決定問題への手順マニュアルを伝授しますので、真似て解いてみてください。そして自分で解いた「フローチャート」と見比べて、何が足りなかったのか、どこで間違えたのかをしっかり確認しましょう。3)関連知識のまとめも充実!それぞれの設問で問われた知識や解き方はもちろん、それらに関連する必要な知識を《☆重要!》としてまとめました。ここもしっかり押さえておくことで、本番で出題される類似問題にも対応することができます。<レベル設定>[発展レベル]・・・GMARCH・関関同立・地方中堅国公立大を志望校とする受験生※タイトルに使われている「ポラリス(Polaris)」とは「北極星」のこと。志望校合格を目指す受験生がどこへ進むべきなのかを教えてくれたり、道を照らしてくれたりと、本書が北極星のような存在になればという願いが込められています。

商品情報

シリーズ

全2冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

KADOKAWAのおすすめ本

資格・検定・就職のおすすめ本