中国人に学ぶ「謀略の技術」情報戦――せめてこれだけは知っておきたい

中国人に学ぶ「謀略の技術」情報戦――せめてこれだけは知っておきたい

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

中国で代表的な兵法書といえば『孫子』と『呉子』である。しかし、それ以外の兵法書の中で、情報戦を専門的に扱ったものがあった――現在から百五十年以上も前に書かれた『間書』がそれである。著者は言う。「この『間書』に記された中国の伝統的な情報戦の方法は、今でも実際に使われています。この本を読んだあとに、中国に関連したニュースを見れば、かなり実感できるようになるでしょう」この書は『間書』の知恵を要約し、如何に使われているか、また如何に使えばよいかを分かりやすく解説したものである。この本で、情報戦が必須な現代の世の中でも、手段は違えど根本的な考え方は変わっていないことが分かる。そしてまた、日本人が苦手とする「情報戦(=スパイ活動)」の基礎を学ぶことができる。著者いわく、スパイ活動が善か悪かは、その使い方次第である。この本を読んで、複雑化する情報戦を勝ち抜こう!

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

PHP研究所のおすすめ本

社会・政治のおすすめ本