「できる」と「できない」の間の人

「できる」と「できない」の間の人

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「たはは…まっ、そんなこともあるよね」って現実を踏みしめて、爽やかに、軽やかに、明日へズンズン歩いていく日記がたまらない。つられて元気になっちゃう。たはは。──帯文・岸田奈美(作家)病気や怪我、老いなどで「できていたことができなくなる」ことがある。誰もが、できるとできないの間で迷ったり、不安を感じたりしながら生きている。でも大丈夫。困りごとは人に伝えて、周りに助けてもらえばいい。 突然発症したレビー小体病という「誤作動する脳」を抱え、長いトンネルから這い出てきた著者が、老い、認知症、そしてコロナ禍と向き合い悪戦苦闘する日々を綴ったエッセイ集。心配しないで。未来はきっと、そんなに悪くない。「コロナみたいな、どうにもならないものに振り回され、理不尽なことがいっぱい起こる社会の中で、みんな、それぞれに必死で生きている。人間は、弱くてちっぽけだけど、それぞれが、かけがえのない、大切な人なんだ。間違いなくそうなんだよと、私は、言葉にして伝えたかった。弱っている人にも弱っている自分にも。」(「はじめに」より)【目次】1 コロナ時間とできない私2 会いたい。会いたい。会いたい。3 形を失った時間4 ゴルゴ13とモンローの間5 「きれい」と言われたい6 最後に知る秘密7 バナナの教え8 強くはなれない9 「確かさ」のない世界10 おしゃべりな植物11 幻視と幽霊12 母の舌13 死語と記憶とビンテージ14 ずぼらの達人15 育児がつらかった頃16 永遠の初心者17 認知症って何なのよ18 見えない未来を生きていく19 終わらない私の宿題付録 認知症のある人が社会に居場所を取り戻すための3つの提言

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

晶文社のおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本