サブリース契約の罠 サブリース契約で地主が「土地持ち死産家®」になるワケ

サブリース契約の罠 サブリース契約で地主が「土地持ち死産家®」になるワケ

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。あなたもサブリース契約(30年一括借り上げ)でこんな経験ありませんか?1.このままサブリース契約のアパート・マンション経営を続けてよいのだろうか?なんだか儲からないような気がする。将来が不安になった。2.築10年目で家賃が減額され、その2年後にも家賃が減額され非常に困った。3.築10年~15年目頃から、家賃の手取額が大幅に減った。この現象を「デッドクロス(黒字倒産)」ということを知って愕然とした。4.老朽化したアパートの入居者の立退き交渉をサブリース会社はやらない。大家が自分自身でやらなければならないことを知って困った。5.立退き交渉は、法律でサブリース会社や不動産業者に依頼できないことを知って驚いた。6.立退き交渉費用は、金融機関が一切融資しないことを知らなかった。7.サブリース契約を解除しようと思い、サブリース会社に聞いたら「契約解除できない」と言われた。・・・このような人達のためのこの本を書きました。(※本書は2023/02/22に日本橋出版株式会社より刊行された書籍を電子化したものです。)

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

ディスカヴァー・トゥエンティワンのおすすめ本

社会・政治のおすすめ本