お江戸おくすり料理帖 8話

お江戸おくすり料理帖 8話

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

時は元禄、江戸深川で「味彩屋(あじさいや)」を営む15歳の少女・ひなげし。口うるさい竈(かまど)の神様・荒神を相棒に、亡き両親の「人を幸せにする料理を作る」という意志を引き継ぎ修行中! ただ、ボロすぎる店構えのせいかお客さんがなかなか来ないことが悩みで…お店存続の危機かも!? でも唯一の常連で町の同心である井筒の頼み事がきっかけで、様々な問題やお悩みを心と体を癒す「おくすり」のような料理で解決していくことに──。医食同源×人情のお江戸グルメ物語!!

商品情報

シリーズ

全10冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

eBookJapan Plusのおすすめ本

少女マンガのおすすめ本