テロルの昭和史

テロルの昭和史

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

青年たちの「義挙」に民衆は拍手したーー。血盟団事件、五・一五事件、神兵隊事件、死なう団事件、そして二・二六事件……。なぜ暴力は連鎖し、破局へと至ったのか?昭和史研究の第一人者による「現代への警世」。【本書の内容】・「安倍晋三銃撃事件」と昭和テロの共通点・「正義を守るための暴力」という矛盾・現代の特徴は「テロの事務化」・ピストルではなく短刀にこだわった将兵・「三月事件」と橋本欣五郎・「血盟団」井上日召の暗殺哲学・五・一五事件の「涙の法廷」・昭和テロリズムの「動機至純論」・愛郷塾の存在と「西田税襲撃事件」・言論人・桐生悠々の怒り・大規模クーデター計画「神兵隊事件」・罪の意識がまったくない相沢一郎・血染めの軍服に誓った東條英機・「死のう団」のあまりに異様な集団割腹・二・二六事件が生んだ「遺族の怒り」・一貫してクーデターに反対した昭和天皇  ……ほか【本書の目次】序章:昭和テロリズムから見た安倍元首相銃撃事件第一章:残虐のプロローグ――三月事件から血盟団事件へ第二章:昭和ファシズムの形成――五・一五事件が歴史を変えた第三章:暴力の季節への抵抗者たち――ジャーナリスト・桐生悠々と政治家・斎藤隆夫第四章:「血なまぐさい渇望」のクロニクル――神兵隊事件から永田鉄山刺殺事件まで第五章:国家暴力というテロリズム――死のう団事件の異観第六章:テロから戦争への転換――二・二六事件の残虐さが意味すること不気味な時代の再来を拒むためにーーあとがきにかえて

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

講談社のおすすめ本

歴史・地理・民俗のおすすめ本