SDGs for Well-being

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

例えば、貧困と学力との連動、不登校と性的マイノリティの関係、子どもの虐待と親の生育環境など、あらゆる課題が個人の問題ではなく社会構造や本人を取り巻く境遇と連動しています。しかも、その要因は絡み合っており、独立して存在しているものではありません。これら複雑な問題に立ち向かうためには学際的に各学問間の知を動員して問題解決を図っていく必要があります。本書は「誰一人取り残さない」SDGs達成課題と日常社会とを関係づけながら、多様な学問分野の卓越した知見を動員して問題解決を図ることを意図して編集されました。特に、教育福祉学という新しい学問分野を構成する、社会福祉学、保育学、教育学、社会学、健康科学、人権論、ジェンダー研究などの多様な視点から執筆され、人の誕生から老齢までの期間をとおして、連続する一人ひとりの生と成長の尊厳性を追究するものです。 For example, poverty is linked to academic achievement, truancy at school is linked to sexual minorities, child abuse is linked to parents' upbringing environment, and all other issues are linked not to individual problems but to the social structure and circumstances surrounding the individual. Moreover, the factors are intertwined and do not exist independently. To confront these complex issues, it is necessary to mobilize knowledge from various disciplines in an interdisciplinary manner to solve these problems. This book has been edited to provide solutions to these problems by bringing together the best knowledge from a variety of academic disciplines while relating the challenges of achieving the SDGs to everyday society so that no one will be left behind. In particular, it is written from the diverse perspectives of social welfare, childcare, education, sociology, health science, human rights, and gender studies, which constitute the new academic field of Social Welfare and Education studies, and pursue the dignity of each person's life and development on a continuum through the period from birth to old age.

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

アットマーククリエイトのおすすめ本

社会・政治のおすすめ本

カート