暴力の政治民族誌―現代マヤ先住民の経験と記憶

暴力の政治民族誌―現代マヤ先住民の経験と記憶

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

中米グアテマラ高地のマヤ系先住民の1960~2000年代の経験による政治民族誌。1847年グアテマラ共和国成立後、1944年の革命を経て、現代までに、彼らは政治的・経済的な影響に直面してきた。なかでも内戦期(1961‐1996)の筆舌に尽くし難い暴力経験、葛藤にともなう変化が彼らの語りで再現される。希少なラテンアメリカ地域研究の「政治民族誌」として政治暴力の研究手法にも扉を開く。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

大阪大学出版会のおすすめ本

歴史・地理・民俗のおすすめ本