結婚は偽りの香り

結婚は偽りの香り

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「君が愛らしくなる方法を教えよう」社長が仕掛けた、魅惑の口づけ……。ファーストクラス? エコノミーで予約したはずなのに。休暇旅行へ向かうために訪れた空港で、イーデンは眉をひそめた。そこへ、デザイナースーツを着こなした高身長の男性が現れる――スレイド! 先日、私の昇進を阻んだ傲慢社長……。病気の母を楽にさせたい一心で仕事を頑張りたいだけなのに、彼は私のことを、野心ばかりが先走った未熟者だと思っているのだ。その彼がなぜここに? まさか、私の休暇を取り消すつもり?頭が混乱したまま、イーデンは豪奢な出発ラウンジへといざなわれ、スレイドから彼が彼女の予約を変更した驚きの理由を聞かされる!「これから何日か、ぼくの妻になってほしいんだ」■“オーストラリアのロマンスの女王”と称され、多くのファンや作家から尊敬を集めた大作家ヴァレリー・パーヴ。2021年4月に惜しくもこの世を去りましたが、そのひと月前には「私はロマンスを信じている」という信念のこもった力強い言葉を遺してくれました。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート