POPEYE(ポパイ) 2024年 6月号 [車はともだち。]

購入済み

シリーズ

全71冊

作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。ふいに夜明けの海が見たくなって、深夜の高速をひた走る。早朝の地平線から昇る太陽をぼんやり眺め、家路を急ぐ。そんなロマンチックな話ばかりではないけれど、一日中あちこち回ってショッピングをするときも、知り合いの引っ越しの手伝いで荷物を運ぶときも、車は嫌な顔ひとつせずに、いつでも付き合ってくれる。もちろん、急に機嫌を損ねないよう、日々のケアは大切だ。近場も、遠出も、ハンドルを握るたびに思い出は増えていく。生活環境や趣味嗜好が変われば、新しい愛車を迎えることもある。年月を経て、一度は手放してしまった車種と巡り合えたら、それはきっと懐かしくも、気恥ずかしくも、誇らしいだろう。僕らにとって、車はかけがえのない“ともだち”。そんな気持ちでつくった、車と、車にまつわるカルチャーの特集。車を持っているならば、まずは愛車と目と目を合わせてみよう。これから持つ人は、ともだちとの日々に思いを馳せるきっかけに。Contents■僕の愛車(ともだち)を紹介します。 Y2Kのボルボ、国産スポーツカー、和み顔の欧州車、 ステーションワゴン、イエローナンバー、ワーゲン…■GOOD CARS, GOOD DRIVE! クルマに乗って、どこまでも。■忘れられない車の話。 松任谷正隆、中津川吾郎、尾花大輔、東儀秀樹■今日は一日、いい車探し。■車マニアな監督が唸ったカー・ムービー。黒沢 清 INTERVIEW■時代を拓いたカーデザイン。■若きシティボーイの車白書■はじめての車、お金にまつわるQ&A■いつかは! 夢のガレージ。■えっ!? 海の向こうで日本車がっ!■で、実際EVってどうなの?■Bose&セク山のナナメ上行く車のマナー。■車をめぐるカルチャー10■国道134号でカーウォッチング。

作品をシェアする

同じ作者の本

マガジンハウスのおすすめ本

男性ファッション雑誌のおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください