おひとりさまの大往生 ガイドBOOK

おひとりさまの大往生 ガイドBOOK

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

【電子版のご注意事項】 ※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。 ※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。 ※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。 ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。 また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。 孤独死は嫌、迷惑かけたくない、最期ぐらい好きにしたい、 3つの願いを叶える、おひとりさまの応援書。 何が起きても大丈夫です! おひとりさまでも、将来のおひとりさまでも、子どもがいてもいなくても、 「孤独死は嫌」「迷惑かけたくないわ」と多くの人が思っています。 縁起でもないと考えたくない人も少なくありません。 けれども、最期のことは、考えておいたもの勝ちです。 そうすれば、病気になっても、動けなくなっても、意思が伝えられなくなっても、 迷惑をかけず、好きなように最期を迎えられるのですから。 本書は、最期くらい好きにしたいわという、 おひとりさまの思いを叶える、前向きなガイドブックです。 CONTENTS 1章 おひとりさまの大往生5箇条 2章 元気なうちにしたいこと 3章 病気になっても大丈夫 4章 動けなくなったとしても大丈夫 5章 意思が伝えられなくなっても 6章 お金の心配を解決する 7章 認知症になっても大丈夫 取材協力/ファイナンシャルプランナー畠中雅子先生(6章)、 介護福祉士の志寒浩二氏(7章) 村松 静子(むらまつせいこ):在宅看護研究センターLLP代表。 日本赤十字社医療センターICU初代看護師長。在宅看護の第一人者。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート