エナガの重さはワンコイン 身近な鳥の魅力発見事典

エナガの重さはワンコイン 身近な鳥の魅力発見事典

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「スズメの平均寿命は1年と3ヶ月」「ハクセキレイのお尻フリフリは警戒のサイン」「ツバメが雛たちを育てるのに毎日500匹もの虫が必要」「コゲラ(キツツキ)は0.3秒間に10回も木をつつく」など思わず「へぇ~!」と唸らされ、人に話したくなるような、身近な鳥たちの知られざる素顔をイラストを交えて楽しく紹介します。ふだんの散歩やバードウォッチングが楽しくなること間違いなし。日頃から鳥を見ている人にも、鳥はよく知らないけれど、散歩で見かける鳥が気になるような方にもオススメの一冊です。■内容はじめに鳥の年間スケジュール鳥を見るにあたって知っておくとよいこと街の鳥公園・緑地の鳥野山の鳥水辺の鳥コラム気になる鳥の名前がわからなかったら?イラストの道具についてあとがき■著者について●絵・文 くますけ自然ガイド歴15年。おうち時間が増えたのをきっかけにイラストを描き始め、公園や庭で見られる自然の「へぇ!」という発見や「そうそう!」と言いたくなるネタをSNSで発信。影響を受けた本は『自然語で話そう』(広瀬敏通著)と『足もとの自然から始めよう』(デイヴィド・ソベル著)。 一番好きな鳥はヒヨドリ。●監修 上田 恵介(うえだ・けいすけ)鳥類学者、日本野鳥の会会長。立教大学名誉教授、山階鳥類研究所特任研究員。生物学者とし著書多数。日本動物行動学会会長、日本鳥学会会長なども歴任した。2016年第19回山階芳麿賞、2020年日本動物行動学会日高賞を受賞。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

山と溪谷社のおすすめ本

科学・テクノロジーのおすすめ本