ヤマケイ新書 ナイトハイクのススメ 夜山に遊び、闇を楽しむ

ヤマケイ新書 ナイトハイクのススメ 夜山に遊び、闇を楽しむ

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

夜の山を好んで歩くようになって三十年近くたち、ソロで数え切れないほどたくさん夜の山を歩き、延べ数千人の老若男女を闇の中へ案内してきた中野純さん。そんな氏が「夜の山の楽しみ方」をたっぷりと解説する。夜の山の楽しみとはなにか。ビビりながらも闇に吸い込まれていくと、五感のすべてが鋭敏になり、落ち葉がそっと着地する微かな音にも、向こうの繁みにいる獣の息遣いにも、離れたところで咲く花の香りにも気づき、肌に触れる夜霧の一粒一粒すらも感じ取れる気がしてくる。四季折々の変化を、五感で感じられるようになるのだ。本書では楽しみ方だけではなく、夜の山の作法(歩き方)、心がまえ、装備、そして野生生物への対処法、さらにはスマホやデジカメでの闇の撮影術も詳しく解説。すべて著者自身の経験から生み出されたオリジナルの「ナイトハイク術」だ。また首都圏と関西圏での著者おすすめのナイトハイクコースも紹介している。夜の山を歩き、山で寝っ転がると、いとも簡単に自然と一体になれる。なにしろ暗くて自分の手足も見えないのだから。自分とまわりの境界があいまいになり、自分が闇と、山と、自然と渾然一体になる。闇は恐ろしくもあり、美しく心地よいものでもある。本書を読んで夜の山を歩けば「もっと闇を!」と願う日も遠くない。■内容第一章 夜山の楽しみ第二章 ナイトハイクの十二ヶ月第三章 夜山の作法第四章 夜山の心じたく第五章 夜山の身じたく第六章 夜山の獣じたく第七章 闇の記録術第八章 首都圏ナイトハイクコース第九章 関西ナイトハイクコース

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

山と溪谷社のおすすめ本

スポーツ・アウトドアのおすすめ本