大正純愛復讐譚 ~母を焼き殺された私は鬼と化す~(分冊版) 【第7話】

大正純愛復讐譚 ~母を焼き殺された私は鬼と化す~(分冊版) 【第7話】

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

大正初期。名家・藤堂家の妾の子として生まれた憂雨(ゆう)は、幼い頃より虐げられ奴隷のように扱われていた。特に腹違いの姉・撫子(なでしこ)は、好意を寄せている慎之介(しんのすけ)の前では憂雨と仲のいいふりをしつつ、陰では徹底的に憂雨をいじめていた。いつか自由になりたいと願う憂雨だったが、座敷牢に監禁されている母を見捨てられず叶わずにいた。そんなある日、原因不明の火事によって母が亡くなり、助けにいった憂雨もそのまま消息を絶ってしまう。――7年後、消息を絶ったとされていた憂雨は、別人のように美しく成長し「春陽(はるひ)」と名前を変え藤堂家へ舞い戻り、殺された母の死を胸に復讐を始める。※この作品は、『ストーリーな女たち ブラックVol.79』に収録されています。重複購入にご注意ください。

商品情報

シリーズ

全9冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

ぶんか社のおすすめ本

女性マンガのおすすめ本