その触れ方、甘すぎて反則~寡黙な先輩の愛撫は口より多弁(1)

その触れ方、甘すぎて反則~寡黙な先輩の愛撫は口より多弁(1)

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「このあと、どうしてほしい?」寡黙な先輩はエッチの時だけイジワルだった――。フリーデザイナーとして忙しい毎日を送るしおり。ある日、以前勤めていた会社の先輩・多田との打ち合わせ後、突然大雨に降られてしまう。しかも水しぶきから自分を庇って先輩がびしょ濡れに!?放っておけなくて家に誘ったけど雨に濡れた先輩は妙に色っぽくて…。つい意識していたら何故かベッドに押し倒されてしまい!?突然のことに戸惑うも、熱っぽい瞳で見つめられると身体が勝手に熱くなっちゃう。敏感な所を熱い舌で舐められ、アソコを指と舌で弄られたら気持ち良すぎて何も考えられない!「ずいぶん濡れてきたな?」トロトロになったソコに熱いモノが入ってきたら、もう―!先輩、どうしてそんなに甘く触れてくるんですか…?

商品情報

シリーズ

全2冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

Bevyのおすすめ本

TLマンガのおすすめ本