kotoba 2023年春号

kotoba 2023年春号

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

特集 カズオ・イシグロ現代イギリスを代表する作家カズオ・イシグロ。長崎で生をうけた彼は、日本、イギリス、中国を舞台にした小説、近未来を描くSF小説など、国家やジャンルを横断して書き続け、2017年にノーベル文学賞を受賞してからも、創作実験を止めることはない。脚本を担当した映画『生きる LIVING』(黒澤明の名画『生きる』が原作)の日本公開も控えるイシグロの物語世界を徹底的に解読する。Part1 創作の秘密にせまる日吉信貴/カズオ・イシグロと「日本人らしさ」――日本語圏の読者に向けたイシグロ入門中島京子/わたしの好きなカズオ・イシグロ斎藤兆史/ここはどこ? 「私」は誰?――イシグロの語りのからくり森川慎也/イシグロの創作術古川日出男/カズオ・イシグロの不穏さに惹かれて温 又柔/文学のふるさとをたずねて助川幸逸郎/『クララとお日さま』が示す「格差」と「分断」への処方箋戸田 慧/私たちの抵抗と服従――漫画『約束のネバーランド』と小説『わたしを離さないで』日吉信貴/カズオ・イシグロ作品解説Part2 広がり続けるイシグロ世界町山智浩/「カズオ・イシグロが選ぶ一〇本の映画」に作品の源流をさぐる渡辺 謙/小野益次を演じて――『浮世の画家』と世界のなかの日本ピーター・バラカン×大森さわこ/なぜ、『LIVING』と『生きる』は傑作なのか?オリヴァー・ハーマナス/『生きる LIVING』が受け継ぐ七〇年前からの問いかけ福岡伸一/友愛、対立、断絶――記憶をめぐる物語大森さわこ/カズオ・イシグロ映画の世界マーク・ロマネク/映画『わたしを離さないで』は、ラブストーリーだ後藤正文/『わたしを離さないで』の衝撃――音楽から文学へ、文学から音楽へ馬飼野元宏/カズオ・イシグロの映像化作品kotobaの人吉田鋼太郎/人間のどうしようもなさを感じるために演劇はある連載大岡 玲/写真を読む山下裕二/美を凝視する宇都宮徹壱/Jリーグ清算~前チェアマンが語る危機の真相~木村草太/幸福の憲法学吉田太郎/シン・オーガニック ほんもの有機で環境と健康を取り戻す嬉野雅道/だから僕らは出会わなければならないのです。山口二郎/日本はどこで道を誤ったのか―― 失われた三〇年再訪河部壮一郎/デジタル時代の恐竜学橋本幸士/物理学者のすごい日常大澤真幸/我々の死者(を超えて)阿部公彦/日本語「深読み」のススメ阿川佐和子/吾も老の花おほしんたろう/おほことばkotobaの森著者インタビュー/宇野重規『日本の保守とリベラル 思考の座標軸を立て直す』マーク・ピーターセン/英語で考えるコトバ大村次郷/悠久のコトバ町山智浩/映画の台詞※連載「水野和夫 資本主義の相克」は電子版には収録されていません。

商品情報

シリーズ

全9冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

集英社のおすすめ本

趣味・スポーツ雑誌のおすすめ本