裏のヴィランさん【分冊版】第11話

裏のヴィランさん【分冊版】第11話

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

アパートの裏に引っ越して来たのは、あざとさMAXのちょっと怪しいオニイサン、もしかして“ウラ”の顔を持っている!?繊細で美麗なタッチで人気の漫画家・Ko-daiが描くヴィランたちの日常コメディ。困った人を放っておけない、バカが付くほどお人好しな青年・元木兆太郎(もときじょうたろう)。ある夜、アパートの裏側からの物音で目が覚め様子を見ると、仲良しのお婆さんが住む家の庭で、土を掘り返す複数の人影があった。翌日、お婆さんの姿は見えず、そこには知らない青年の姿が……。真っ赤なフリルシャツを着こなすその青年はウラノと名乗り、重そうな荷物を家に運び込もうとしていた。引っ越しを手伝う兆太郎に、お礼としてパック酒を爽やかに渡したり、料理をする包丁捌きが謎に怖かったり、仕事の同僚(?)が井戸から登場したり、全身アーマーのペット(?)がいたり……。ちょっと普通とは違うウラノに戸惑いつつ、放っておけない兆太郎だが――。お人好しな青年・兆太郎、そして何やらワケありなウラノさんとその仲間たち。裏に住むウラノさんの“裏”の顔とは? 兆太郎との奇妙なご近所付き合いが始まる。

商品情報

シリーズ

全12冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

ワニブックスのおすすめ本

女性マンガのおすすめ本