大喜利の考え方―――あなただけの「おもしろい発想」を生み出す方法

大喜利の考え方―――あなただけの「おもしろい発想」を生み出す方法

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。187万人が熱中する、日本一の大喜利出題者 初の著書!誰でも"大喜利脳"になれる、史上初の『思考の書』が爆誕。たった1行のフレーズで、日本中の注目を浴びたくはないか?これであなたもセンスいい一言が生み出せるようになる!大喜利とは、下記のように、出された「お題」に対してオリジナルの「回答」を考えるものです。お題 「クリスマスを1人で過ごす言い訳は?」回答 「うちの地元、まだキリスト教が伝来してないんだ」お題 「『いきなり! ステーキ』の対義語は?」回答 「まだ牛」お題 「彼女とデート中に、彼女がうんこを踏んだときの紳士的な対処法は?」回答 「ごめん、次からトイレでするわ」そんな大喜利について、どんな競技なのか、どういうとっかかりで考えればいいのか、その「最低限の考え方」をまとめます。いちばんのコツは、いきなり面白いことを考えようとしないこと。「お題を読む → 連想する素材を出す」という下ごしらえをし、「エピソードを思い出すか、テクニックで料理する」 ということをおこなえば、誰でも「おもしろい発想」が生み出せます。その思考法が、ひいては、ビジネスやコミュニケーションにも役に立つはずです。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

ダイヤモンド社のおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本