ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディング

ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディング

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。〈電子書籍版に関する注意事項〉本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。【アイデアの発想法からプレゼン資料のつくり方まで、プロの仕事がわかる舞台裏を公開!】ロゴ制作(ブランディング・CI・VI)をテーマにしたデザインメイキングの解説書。デザイナーの制作領域の多元化はよりいっそう進んでおり、幅広い制作物に対応しつつ、「ブランディングの視点をもってトータルにデザインしていく能力」が求められています。本書では、企業やブランドだけでなく、地域、行政、教育、街づくりなどにデザインの力で参加し、貢献していく気鋭デザイナーの制作現場に密着。クライアントへのヒアリング、アイデアスケッチ、ラフ制作、プレゼンテーション、デザインの精緻化、ガイドラインの作成と、すべての工程を詳らかにすることで、デザイナーという職業の実際、そして「デザインの今」に迫ります。また、個人、大企業、自治体、教育機関、医療機関など、さまざまな事例を紹介していくことで、最新のデザイン事情が浮かび上がり、デザインに関わる作り手はもちろん、デザインやブランディングの力を活用したいと考えるクライアントにも役立つ「ロゴデザインの現場」が見えてきます。【本書の内容】〈ロゴデザインの基礎知識〉CI、企業ロゴの考え方の変遷/ブランディングの視点をもつ/ロゴデザインの基礎知識/シンボル+ロゴタイプ型の特徴と実例/ロゴタイプ型の特徴と実例/色が与える印象/書体が与える印象/プレゼンテーションについて/ロゴデザインの評価基準/VIとは〈ロゴデザインの現場〉・小野圭介の場合ソーシャル キタミン・ラボ舎 地域の魅力に光をあて、広く発信する商品ブランド UNA TEA キャラクターを軸にブランドを構築するサービスブランド PANOPLAZA サービス内容の変化を読み解く企業 enish 日本を代表するソーシャルゲーム企業を目指す ...ほか・佐藤浩二の場合企業 ヤマト自動車株式会社 普遍性と独創性を両立させることに挑戦店舗ブランド 美容室mahae トータルビューティサロンのブランディング商品ブランド EQULIBERTA 新たな市場を開拓するブランドのロゴデザインとブランディング教育機関 樟蔭学園100周年 女子教育の伝統と革新をテーマとしたコミュニケーションシンボル ...ほか・田中雄一郎の場合行政 岡山芸術回廊 グラフィックデザインで街づくり教育機関 岡山大学 岡山から世界へ。コミュニケーションマークのリニューアル医療機関 まび記念病院 ビジュアルデザインはホスピタリティを計るバロメーター公益財団法人 福武教育文化振興財団 トータルデザインでブランドイメージ向上 ...ほか

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

エムディエヌコーポレーション(MdN)のおすすめ本

スマホ・PC・ITのおすすめ本