ちくま 2024年4月号(No.637)

ちくま 2024年4月号(No.637)

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

筑摩書房のPR誌です。注目の新刊の書評に加え、豪華執筆陣によるエッセイ、小説、漫画などを掲載。2024年4月号! 【目次】〈ポラポレプリリン神話 4〉市川春子/その視点 西森路代/フリーランスと労働法の谷間に「橋」を掛ける試み 濱口桂一郎/『資本論』の翻訳 鈴木直/「日常史」という挑戦 小野寺拓也/「君塚直隆先生の本、一択ですね」 河西秀哉/彼ら 八木詠美/〈重箱のすみから 26〉ボロとは衣類のどういった状態なのか 金井美恵子/〈世の中ラボ 167〉斎藤美奈子/〈韓国ドラマ沼にハマってみたら 11〉財閥というジャンル 角田光代/〈思考の習性──ニッポンの大学教育を読みとく 12〉「大学大衆化」イメージの日本的特徴 苅谷剛彦/〈ネにもつタイプ 266〉茶色い指地獄 岸本佐知子/〈吉本隆明2019 62〉鹿島茂/〈〈面白さ〉の冒険──進化する世界観エンタメ 20〉都留泰作/〈最果からお届けします。 96〉幻を重ね着 最果タヒ/〈ここにいない者のために 3〉ここにいない者のために 高井ゆと里

商品情報

シリーズ

全88冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

筑摩書房のおすすめ本

小説一般のおすすめ本