心もカラダもラクになる 血流の整えかた

心もカラダもラクになる 血流の整えかた

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「疲れやすい」「なんだかダルい」「なかなか眠れない」「体が重い」「すぐイライラしてしまう」……。これらの原因はすべて「血流」にあります。本書では、食事、睡眠、運動・マッサージなど、日々の生活に取り入れやすい簡単な行動で血流の乱れを整えて血行を良くし、からだの不調を解消していく方法を伝授します。そもそも血流とは何か、からだの中でどんな役割を持っているのかといったところから、やさしく解説します。「いつもなんとなく調子が悪い」を卒業し、心地いい毎日を手に入れましょう!<br■目次第1章 健康のカギになる「血流」ってなに?第2章 血流がよくなると、みるみる体が整っていく第3章 体の中から血流を改善!【食事編】第4章 しなやかな血管をつくる【運動・マッサージ編】第5章 質のいい睡眠で質のいい血をつくる第6章 もっと深くからだの「流れ」を整える■著者紹介薬剤師。漢方の葵堂薬局代表。1963年生まれ。京都薬科大学卒業後、帝国化学産業(薬剤メーカー)で勤務。薬剤による対処療法では、薬を飲み続けなければいけないことに矛盾を感じ、根本から健康を手に入れる治療ができないかと悩んでいたところ、漢方薬と出会い退社。1999年に漢方の葵堂薬局を創業。漢方以外にも、マクロビ、ゲルソン療法などを学んでいく中で、分子栄養学に出会い、血液データから体の栄養状態を診断する方法を取得する。栄養状態を整えた上で、健康なカラダを漢方で作り出す西岡式漢方療法を確立。不妊治療にも力を入れ、1,000組以上の妊娠・出産を成功に導く。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

明日香出版社のおすすめ本

暮らし・健康・子育てのおすすめ本