リンゴがリンゴであるために 子どもたちの「今」に寄り添う

リンゴがリンゴであるために 子どもたちの「今」に寄り添う

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

学校が信頼をとりもどすために学校ってなんだろう? それは寄り添う場子どもへ、学校へ、教師への愛情に満ち溢れた37のエッセー現象学において、「リンゴ」は存在すると思う人に存在し、人それぞれイメージが異なる。者は「リンゴ」を「学校」に置き換え、子ども、保護者、教師が共有できる普遍的な学校のイメージを探っていく。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

幻冬舎メディアコンサルティングのおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本