毒姉回避のために偽装婚約を結んだ人形令嬢はエリート騎士に溺愛される 4話

毒姉回避のために偽装婚約を結んだ人形令嬢はエリート騎士に溺愛される 4話

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

人形のように美しく、どこかおっとりとして見える伯爵令嬢ラルカ・ラプルペは、行儀見習いも兼ねて王女エルミラの侍女をしていたが、きっちりと堅実に仕事をこなしている彼女の能力と本人からの強い希望により、侍女からエルミラ付きの文官へと変わった。ある日、領地に住んでいた姉メイシュが王都にやってきて文官になったことがばれてしまった。幼い頃より姉の命令は絶対という環境で育ってきたラルカ。姉に侍女に戻ること、なるべく早くに結婚をすること、寮を出て王都のタウンハウスで暮らすことを約束させられた。エルミラの協力の元、侍女のふりをして仕事を進めていた中、エルミラのお遣いに行った先で、侯爵令息であり王太子の近衛騎士を務めるブラント・ソルディレンと出会った。ひょんなことから自分の悩みを打ち明けたところ、ブラントから結婚を急かされて困っているということで『僕と婚約しよう』と提案される。互いの利害は完全に一致し、二人はいずれ解消するという約束で、仮初の婚約を結ぶことに。姉の言いつけどおりにしたというのに、姉メイシュの束縛は解けない。そんなラルカに、ブラントが優しく手を差し伸べて、メイシュからラルカを守るように立ち回ってくれる。そうして、二人の甘い偽装婚約生活が始まったのだが――。『毒姉回避のために偽装婚約を結んだ人形令嬢はエリート騎士に溺愛される(4)』には「【終章】人形令嬢、開眼する イベント当日」~「【番外編】独身貴族たちの最後の夜」を収録

商品情報

シリーズ

全4冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

アマゾナイトノベルズのおすすめ本

女性向けラノベのおすすめ本