医療者のことばの持つ力~あなたのことばは、病人を患者にも“ひと”にもできる~

医療者のことばの持つ力~あなたのことばは、病人を患者にも“ひと”にもできる~

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

何気ないひと言で救われる人がたくさんいる家族や友人に言えない悩みでも、医療者にだけ相談できることがある。その声を聞き、夢や希望を与えるためにどんなことばをかけられるか――。患者の不安に寄り添い、臆せず、気負わずに伝えることの大切さを説いたエッセイ。「田中君なんかそこら辺にいる15歳のガキと同じなんやで」透析治療が始まり生きる気力も目標も失っていた時にかけられた、ある看護師のことば。それは、幼少期から行動を制限され、自分は人とは違うと感じていた著者の心に強く響き、自身が看護師を目指すきっかけとなった。医療者、そして慢性腎臓病を抱える患者の両方の立場から、「ことば」が与える力の偉大さを描いた回想録。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

幻冬舎メディアコンサルティングのおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本