40歳になって考えた父親が40歳だった時のこと(分冊版4)

40歳になって考えた父親が40歳だった時のこと(分冊版4)

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

『やれたかも委員会』『中高一貫!!笹塚高校コスメ部!!』の吉田貴司が贈る初のエッセイ漫画。時は90年代バブル崩壊前夜の大阪。一匹狼系タクシー運転手の父(酒乱)と陽気な母(浪費家)が織りなす暴力と涙と笑いの家族喜劇。「父親」についてと「父親になること」について。けっこうヒドいのに何故か笑える昭和の父子物語。

商品情報

シリーズ

全10冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

幻冬舎のおすすめ本

青年マンガのおすすめ本